季より 店主挨拶


皆様はじめまして、店主の有馬です。

大学卒業後に 「お蕎麦屋さんの仕事はどんな感じだろう」 と、なんとなく地元の蕎麦屋で修行を始めたのをきっかけに、蕎麦の世界へ足を踏み入れました。

1997年に、阿部孝雄氏の著書 「竹やぶの蕎麦」 に心を打たれ、竹やぶへと足を運ぶようになり、旦那さんとお話する機会を得たことで、蕎麦への想いが日に日に強くなり、その2年後の1999年、「竹やぶ」の門をたたきました。

それから、一旦竹やぶを辞め、お蕎麦から離れた時期もありました。
しかし、「竹やぶ 箱根店」オープン、「六本木ヒルズ店」オープンなど、人手不足もあり、開店のお手伝いをさせていただくことで、「やっぱり自分でお店を始めたい」 と強く思い、自分でお店を持つことを決意しました。

お店を始めるまでに遠回りもしましたが、自分なりに歩んできて 「今がその時だ」 という想いで、今回、出店に至りました。

少しずつですが、「季節を感じるお店」 にしていきたいと思いますので、末永くお付き合いいただければ幸いです。

 

2010年4月吉日

店主挨拶
 
打墨庵 加瀬